Ver.1.4(2017.08.31)


~ このシステムは、SNP検査で推奨されるチップの種類を判定します ~

・ 検索対象は、データ更新日において24ヵ月齢未満で牛群検定農家に在籍している登録雌牛です。


SNP血縁スコアが0.50以上の場合、LDチップによる検査を推奨、0.50未満の場合は、MD(50K)チップの検査が望ましいと判定します。

MDチップが推奨された未経産牛の中には、LDチップでSNP検査をしても、祖先の情報から、ある程度の
精度でSNP情報を推測できるものもいます。そのため、検査料金を考慮すれば、LDチップでSNP検査を
申し込んでも構いませんが、より精度の高い情報を得るためには、MDチップによる検査を推奨します。



2017年10月21日検索2017年08月22日データ更新(2017年08月28日までに受領したSNPデータで判定)

登録番号(雌牛)
(個体識別番号)
    月齢
   (検索時)
推奨
チップ
血縁
スコア
SNPデータの有無生年月日   名  号

父方母方

       
       
       
       
       

←  検索する頭数を増やすときは、“追加”をクリックしてください。 


登録番号(個体識別番号)を入力して、“検索”をクリックしてください。
マウスで選択してコピーすると、エクセルに貼り付けられます。




Copyright (C) 2014 一般社団法人 日本ホルスタイン登録協会 All Rights Reserved.